腱鞘炎でお悩みの方へ(2)解決編

腱鞘炎トラブルを避けるため、あるいは解決するためには、原因となるポジションにおける、手の使い方を徹底的に見直していく必要があります。

腱鞘炎の解決方法の一つとして、

「基本のタッチ」(参照:ロシアンメソッドって何?(3)、および(4)

でも触れていた「虫様筋」鍛え、積極的使っていくことは、非常にオススメです。

「虫様筋」の使用は、手の中の支えの強化に繋がりますが

前腕の筋肉の使用による手の中の支え方とは違い、

腕や肘を柔軟に保ちながら行えるのです。

こうして、虫様筋の使用による

「手の中に響きを持つ感覚」(参照:ロシアンメソッドって何?(4)~手の中の意識~

は、打鍵イメージや音質の向上のみならず、無理なポジションにおいても、

打鍵の負荷に耐えうる手の使い方をを助けてくれます。

このように、手の中の支えを前腕の筋肉によって作らないことで、

腱鞘炎を発症するリスクは各段に減ってくると考えられます。

松岡教室教室では、

腱鞘炎や肩こりに繋がる奏法の改善の為のアドバイスも行っております。

♪ご質問、体験レッスンのお申し込みはお気軽にお問い合わせください♪

松岡音楽教室

松岡優明

Follow me!

腱鞘炎でお悩みの方へ(2)解決編” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です