手のポジションについて(2)

自然に手を前に出したときに、手の甲は少しだけ外側に傾いていました。

この手の傾きをなるべく崩さないように使うことには、重要なヒントが隠されています。

大事なメロディはおおよそ最高音が担当し、同じく大事なバスは最低音にあります。

ピアノの鍵盤は、上にいくほど音は高く、下にいくほど低くなっていきます。

これは幸いなことに、この手を外側に傾けたポジションがおおよそのシーンで適していることになります。

このポジションでは外側にある5、4、の指が重心を担うためです。

このようなポジションを取ることで、様々な問題は実に容易に解決されていきます。

このように手の自然な傾きに乗っ取っり、2の指が正面を指さすように、そして爪はすこし外側を向くようにします。

このようにポジションを取ることで、

肘や手首を柔軟性に使いやすくなり、尚且つ手の中の支えは失われなくなります。

手首や肩も同様に極めて自然な状態にあるため、手首を痛めることもほとんどなくなります。

では、このポジションにおいて、

指をどう使っていくことになるのでしょうか。

手のポジションについて(3)

に続きます。

松岡音楽教室

松岡優明

Follow me!

手のポジションについて(2)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です